*算数二時間目「数の悪魔に会いに行こう」は、先生と生徒が垣根を越えて教え合う、そんな素敵な授業でした。

今回も「大人かわいい系」のロリータ服が似合う、愛華さくら先生に優しく丁寧に教えて頂きました。

*15分休憩のある授業が2時間とホームルームが1時間で、計3時間。
初参加の方を含めた7名でしたが、和気あいあいと楽しく勉強ができました。

今回の授業は、理系2名(共に初参加の方)・文系3名・技術系2名で進められました。

休憩時間やホームルームなどで理系のお二方から深い数学のお話をして頂けたことも、夜間学校ならではの楽しみだと思います。
「円周率を3にしてしまったら、円ではなく正六角形になってしまう」など、初耳のことばかりで「へぇー!」との驚きの声があちこちで沸き上がりました。

*更に驚いたことは、教材「数の悪魔」の「朗読」をしながら、小学校高学年で習った算数のおさらいをしたこと。
順番で音読することにより、筆者が高学年の頃につまずいた問題が、するするとわかりやすく頭の中に入ってきました。

インプットとアウトプットが同時にでき、とても理に敵っていると感動すると同時に、算数の授業で居眠りばかりしていた筆者は安心もしておりました。

*そして、一番驚いたことは「ツイッターを始めて一月だけど、夜間学校のツイートを見て久々に数学に触れたくなった」と参加を決めた方がいらしたことです。

偶然たどり着いた、この奇跡。

朗読に驚いたそうですが、最終的には「色々な方とお話しできてとても良かった」と笑顔を見せて頂けたので、それだけで私も嬉しくなりました。

*次回の算数の授業が開かれましたら、ホームルームで話題に上がった「素数」や「虚数」のお話なども詳しく聞いてみたいと思います。

そして、さくら先生の教材の中に「不思議の国のアリスの算数」がありましたので、不思議で魔法のような授業になることも期待しております。

さくら先生、お忙しいなか本当に有難うございました。

また、算数と仲良くなるお手伝いをして頂けますと幸いです。

*そして、今回一番面白かった出来事を一つ。
参加者さんのソーラー式の電卓が充電切れとなり「もっと光を……!」と呟かれたことでした。

算数の授業で、ゲーテの名言が出るとは予想外で、感動をすると共に楽しかったです。

*それでは、予想外をまたの授業でみなさんと共に体験することを楽しみにお待ちしております。

ライター:秋日子