サロンde夜間学校の意味

こんにちは。管理人です。

そろそろ一回目のイベントを目指して講師さんの確定やどんな内容のお勉強をするのか、

場所は?などのアナウンスをしていかないとならないのですけれど、

抑えた部屋がスケジュールブッキングしていたらしく、

お部屋の担当者さんから時間を調整できないかと連絡が入り、時間の確定ができないままです…。

4月20日日曜日の午後ということしか確定していません

最初からいきなりつまづいているけれど、それも含めてこのサロン夜学っぽいなと

苦笑いするしかできません。

 

ところで「サロンde夜間学校ぽさ」ってなんだろうと不思議に思われましたか?

その答えは全体的な”ユルさ”が上げられるかなーと考えています。

言葉を使うとどうしても解釈だったり、その時の気持ちの温度があったりで

示したいことを表そうとすればするほどかけ離れてしまいそうで

ずっと説明を避けていました。

 

「サロン de 夜間学校」の目指していることは

端的に言えば「絆」とか「繋がり」とかを得てもらいたい、

そのためのきっかけとなって欲しい、なのですが

それよりもっとラフに、もっと些細なところを目指しています。

あの人があの時間にいるから、とか、

サロン de 夜間学校にくれば時間がつぶれるから、とか、

そんなもので良いようにしていきたいと思っています。

人に会わないで膨大な時間を一人で暇つぶしをするには

人生は険しく、そしてほの暗く、心細いものだと考えるからこそ

※最後の一手を選び取らないように、いろいろな人の

ささいな暇つぶしになれたらと考えています。

 

勉強という目的を軸に、ほんの少しだけ時間を共にできましたら幸いです。

記念すべき一回目です。

最初なのでバナーだったり、

サイトのカバー写真だったりも撮るつもりで教室スタジオを抑えています。

お茶を飲みながらゆっくりやりましょう。

よろしくお願いします。

 

管理人より

※最後の一手>自殺や、他殺など、振り上げた拳の先

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Youtube